親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯

歯の模型とハート

銀歯よりも安全に

歯と治療道具

歯医者で虫歯の治療をする時に削った範囲が大きかった場合、そこに銀歯をはめ込みます。これはメタルインレーともいい、保険で行える治療方法です。基本的にメタルインレーをつければ日常生活に支障はおきませんが、メタルインレーは長く使い続けると多くの問題を発生させてしまいます。例えば歯のシミです。メタルインレーは腐食にも強いのですが、口腔内の環境は厳しく、唾液などによって常に湿気を帯びてしまいます。そうなると、メタルインレーの表面が溶け、金属イオンが発生します。この金属イオンは歯の表面に付着することで染み込み、黒いシミとなって残ります。それだけならまだしも、この金属イオンを飲み込むことによって金属アレルギーを発症する恐れもあるのです。といっても、金属アレルギーになる確率は非常に低いためそこまで過剰に心配する必要はありません。しかし、0ではないため、金属アレルギーを予防したいのならまずはメタルインレーをセラミックに変えましょう。
歯医者でメタルインレーをセラミックに変えれば金属アレルギーのリスクを無くすことができます。なぜなら、セラミックは陶器でできているので金属ではないからです。また、セラミックの見た目と色は本物の歯と似ているため、一見して歯医者で治療を受けたようには見えなくなります。なお、セラミックには様々な種類があり、中でも一番頑丈なセラミックはジルコニアというものです。こちらは破損に強く、長持ちするのが特徴です。こちらも歯医者で取り付けることができます。

Copyright© 2016 親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯 All Rights Reserved.