親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯

歯の模型とハート

差し歯のメリット

歯の模型

歯が抜け落ちた場合、大至急歯医者で抜けた歯の補綴を行わなければなりません。その理由は、歯はそれぞれを支え合っているからです。よって、どこかの歯が抜け落ちてしまうと、他の歯の強度も下がってしまい、抜けてしまうリスクが一気に高くなります。よって、歯の補綴は一刻もはやく行いましょう。歯の補綴の方法として、入れ歯や差し歯があります。この2つの内、見た目に違和感が生まれないのは差し歯の方です。差し歯とは、抜け落ちた箇所に義歯を差し込む治療方法であり、歯の見た目を以前のように戻すことができます。
歯というのは、ひとまず補綴すればよいというわけではありません。歯が抜けることにより、噛み合わせに大きな変化が生まれます。一度歯が抜けた時、何か口腔内で違和感を感じたことがある人は多いと思われます。あれは歯が無くなったことによる噛み合わせの変化であり、噛み合わせが変わることによって、口腔内では異常が起きやすくなってしまうのです。そうなると顎関節症を始め、様々な問題がおきてしまうため、差し歯は自分にあったものを取り付けましょう。
基本的には、歯医者に差し歯の相談をすればそれで問題ありません。歯医者で作る差し歯は口腔内にピッタリとおさまり、噛み合わせにも悪影響がありません。そのため、まずは歯医者で抜けたことを話し、差し歯を作ってもらいましょう。差し歯は基本的にすぐに作ることができるのですぐに歯に取り付けることができます。

Copyright© 2016 親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯 All Rights Reserved.