親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯

歯の模型とハート

良い入れ歯を作るために

入れ歯と治療道具

歯の補綴物に、入れ歯があります。日本では大昔から歯の補綴物として作られており、現在もインプラントや差し歯ではなく、入れ歯を作っているところは多いです。そんな入れ歯は、歯医者で作ることができます。入れ歯と聞くと、多くの人が「噛むとズレて痛い」「力を入れにくい」といったイメージをいだきますが、それは若干誤った認識です。そういった入れ歯というのは自分に合ってない物を使ったときだけであり、自分の口にピッタリの物はズレることもなく、力を伝えやすくなり、痛みも殆どないため、第二の歯として使うことができるようになります。
そんな入れ歯を作るためには、歯医者と患者のコミュニケーションが重要です。歯医者の診断で口腔内の形や噛み合わせのチェックを行い、歯科技工士が作り、患者が使用します。そして、その使用感を効き、問題があればその箇所を修正し、徐々に患者の口にあった入れ歯を作っていきます。そうして患者の口にピッタリあった入れ歯を作ることができるのです。
歯医者で作る入れ歯には、保険適用外の素材で作れる物がたくさんあります。軽かったり噛んでもズレにくいものなどたくさんあります。しかし、まずは歯医者で自分にあったもの作ってからこういったものを作ってもらったほうが結果として満足行く良いものを使うことができます。いきなり保険適用外のもので作って、その結果口に合わなかったら、保険が適用されないので非常に高く付いてしまうからです。

Copyright© 2016 親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯 All Rights Reserved.