親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯

女性

親知らずは必要か

痛そうに頬を押さえる女性

口腔内の奥の方に親知らずがあります。これは歯肉の中に埋もれている歯であり、20代前半になると奥からこっそり生えてくることがあります。親知らずは、生え方によっては大きなメリットにもなりますし、問題しか起きない場合もあります。親知らずが生えることで起きる問題は、虫歯のリスクです。親知らずは生え方によっては非常に磨きにくい所に生えてしまうため、どうしても磨き残しが増えてしまい、虫歯になりやすいです。そのため、放置すると虫歯が悪化し、他の歯も虫歯になりやすくさせてしまうのです。また、生えることで顎関節症になることもありますし、生え方が悪いと奥歯を噛み締めても力が入りにくくなるという症状も極稀に発生します。そのため、親知らずは抜歯したほうが基本的に良いとされています。
逆に、生まれるメリットもあります。それは、親知らずが健康であり、なおかつきれいに生えているのであれば抜け落ちた歯の代わりに移植できるということです。しかし、虫歯になると移植できないため、きれいに生えた親知らずは抜歯せずに大事にケアしたほうが良いです。なお、親知らずの抜歯は歯医者に行けばしてもらえます。歯医者の抜歯は、まず歯肉を切開し、歯茎を露出させてから抜歯します。この時抜きにくい場合は半分に砕いてから取り出します。そして無事に取り出したあとは切開した箇所を縫合すれば治療は終わりです。歯医者によって上手な場合と苦手な場合があるため、歯医者の評判を事前に調べ、腕の良い歯医者に抜歯を依頼しましょう。

差し歯のメリット

歯の模型

歯が抜け落ちた場合、補綴物として差し歯を活用することができます。差し歯のメリットは見た目に違和感がなく、本物の歯のように見せることができるというものであり、歯医者によっては本物そっくりのものを作ってくれます

詳細

銀歯よりも安全に

歯と治療道具

歯医者で削った歯の詰め物には、メタルインレー(銀歯)が使用されます。しかし、見栄えが良くない上に長年使っていると、歯にシミができてしまいます。セラミックの詰め物ならばそういった問題を全て解決できます。

詳細

良い入れ歯を作るために

入れ歯と治療道具

歯医者で自分にあった入れ歯を作るためには、何度も試行錯誤をしていく必要があります。そして出来上がった入れ歯は、物を噛んでも痛みを感じず、自分の歯の力を伝えやすくなります。

詳細

Copyright© 2016 親知らずが悪さをする前に歯医者に|親知らずの抜歯 All Rights Reserved.